論理的思考と質問力


1. プログラムの狙い

21世紀の多様性と変化の時代です。部下の主体性を引き出し、多様性を活かすマネージメントが求められています。

しかし、実際の仕事の現場では依然として「お話し好きで、指示する上司」と「何も話さない、ただ従う部下」の図式が支配的です。

これからの上司はもっと部下に考えさせ、動機づけ、主体性を引き出すリーダーシップを発揮しなければなりません。そのための効果的で、必要不可欠なツールが質問です。

リーダーが、指示に代えて質問をすることによって、部下は自らのこととして問題を考え、主体的に行動するようになります。

 

2. 対象者

ラインマネージャーと若手リーダーの方

能力開発や組織開発のスタッフの方

 

3. 目標

質問が部下を動機づけ、成長させるうえでとても大切であることを理解していただきます。

質問の実践的なスキルを体験的に修得していただきます。

 

4. プログラムの内容

部下の能力開発のツールとしての質問力

会話と対話

論理的思考と質問法

ソクラテス的質問法(系統的質問法)

行動的インタビュー

質問を実践する

自らに問う質問

 

5. 補足説明

基本は2日研修ですが、一部を省略して1日研修とすることも可能です。

また、プログラムを3~4回に分けて実施することも可能です。

 

6. 講師兼ファシリテーター

干場 進(ほしば すすむ)

リレーショナルリーダーシップ研究会 代表 

プロフィールなどについてはこちらをご覧ください。

 

➽ ご質問や費用などのお問い合わせは、ご遠慮なくこちらからお寄せください。